絶対に成功させたい!?新築住宅のポイントなどについて分かりやすく解説

このサイトでは、絶対に成功させたい新築住宅の購入のポイントなどについて分かりやすく解説しています。
一般的な選び方の知識は多くの人が様々なところで得ることができるため、その基本知識を持っていることが多いのですが、このサイトではさらに、第一種低層住居専用地域に建てると日当たりの確保が実現できる理由や、建てる前に知っておきたい隣地からの距離など一般の人でも知っておきたい専門的な知識も網羅していることがポイントです。

絶対に成功させたい!?新築住宅のポイントなどについて分かりやすく解説

新築住宅は自分の希望をしっかりと伝えれば工務店などに任せておけば良いと考えている人が多いのですが、実際には任せたままにしてしまうと最後に納得できない状況となってしまうことが少なくありません。
そのため専門知識も踏まえて自分自身の希望をしっかりと伝えておくことが重要となります。
新築住宅はローン等を調整し欲しい住宅を購入すればそれで終わりと考えている人も多いのですが、成功させるためにはさらに一歩進んで様々な知識を得ていくことが大切です。

新築住宅の依頼先は大きく分けるとハウスメーカーと工務店の2つ

新築住宅は大きく分けてハウスメーカーと工務店の2つの依頼先があります。
ハウスメーカーは対応エリアが大変広く、全国に展開していることが多いのに対して、工務店は地域密着型であり、新築住宅を建てる範囲が限定的です。
またハウスメーカーは大手企業であることから、大量に最新設備を購入することができ価格を抑えることができるほか、施工精度も安定しているので同一品質にすることができます。
工期も短く近年では半年もたたないうちに新築住宅が完成することも多くなっています。
工務店は一つ一つの住宅に力を注ぐので工期は意外と長く、さらに担当した大工によって施工精度が異なってきます。
施工精度を上げるにはたくさんの住宅を建てている工務店が良く、選ぶ際には見極めが重要になりますし、倒産リスクはないかも同時に確認する必要があります。
ですが設計においては一から考えてくれるため自由度が高く、その地域に合った仕様の家を建てることが可能です。

工務店の新築住宅はフルオーダー方式の注文住宅が実現

工務店では地域に密着した小規模な営業を展開していることが多く、大手のハウスメーカーなどと異なり、新築住宅を建てるための資材や建材などを大量生産していることはありません。
そのため、依頼者ごとの要望や理想に合わせた発注を行うことができるため、白紙の状態から設計や仕様などを決めていくことができるフルオーダー方式の新築住宅にも柔軟に対応できます。
例えば、部屋ごとに建築資材を変えたり、特注品などを使ったこだわりの家造りをすることもでき、個性的でオリジナルティあふれる新築住宅を実現することも可能です。
工務店では、他社との差別化を図るための独自性をアピールしたり、地域の環境に合わせた設計などを行っている所も多いため、自分が土地を購入するエリアの中で比較検討するのもよいでしょう。
工務店でのフルオーダー方式の新築住宅を成功させるためには、見かけやデザインのことだけではなく、実際に施工を担当する職人の腕などもしっかりと見極めた上で、安全性や機能性にも目を向けて選ぶことが大切です。

ハウスメーカーの新築住宅はローコスト住宅の選択肢もある

近年はコロナ禍や世界の情勢の影響もあって木材の価格が上昇していることもあって、新築住宅を建てる際のコストが上昇しています。
マイホームを検討しているけれどコスト面でなかなか手が出ないと言っている方、そんなご家庭であれば新築住宅にローコスト住宅を検討されることをお勧めします。
一般的な住宅価格よりも低価格で提供されているため、予算が限られている方に人気の住宅です。
品質において特に問題ない低価格な建材を大量仕入れすることで材料費を抑えることでコスト削減が実現できています。
また、できるだけ工場のライン生産を行うことで現場での人件費を削減することができることも大きいです。
着工から完工するまでの工期も一般的な注文住宅ですと6か月以上は最低かかるものですが、およそ3か月ほどの工期で建てることができるため、工期ができるだけ短い方が良いといった方にもお勧めと言えるでしょう。
コストが抑えられるため、グレードの高い住宅設備やオプションを追加するのも容易になるとも言えます。

新築住宅を建てるときに関係する建ぺい率や容積率は用途地域で異なる

新築住宅を建てる際にはその土地の建ぺい率や容積率に十分に注意をすることが重要ですが、これはその土地が直する用途地域によって異なるため、実際にはその都度確認を行ってから行うことが重要です。
一般に建ぺい率は土地の中で建物を建てることができる面積の割合であり、また容積率は土地に対して建物の総容積の割合となることから、それ以上のものが認められないため、設計段階で十分に確認をしておかないと様々なトラブルを発生させることになります。
新築住宅を購入する際に注意しなければならないのは、建て替え等の際に古い住宅の面積と同じにすると、実際の割合を上回ってしまうことになる場合もあるため注意が必要になることです。
これらの割合は用途地域の見直しとともに見直されていることもあるため、古い住宅を建てた場合と異なっていることも少なくありません。
この点にも十分に注意を行った上で、最新の情報をもとに新築住宅の設計を行うことが重要です。

著者:大串三千男

筆者プロフィール

熊本県熊本市生まれ。
長年ハウスメーカーに営業として勤務。
自分の経験から新築住宅購入のポイントをまとめました。
熊本の新築住宅ならこちら